結婚式で使うメッセージ文例集

新郎新婦が結婚式に参列されるゲストや親族に感謝の気持ちを伝えるウェルカムメッセージやウエディングアイテムの書き方や文例を紹介します。

挙式後のお礼メール文例

結婚式の後、親しい友人などへお礼のメールを出すと感謝の気持ちが伝わります。
電子メールは大勢の相手に同じ文面のメールを一斉に発信する一斉送信機能があります。しかし、相手によって内容を書き分けた方が喜ばれるものです。

挙式当日までにグループ別に例文を用意しておくと、当日多少アレンジして利用できます。

友人や両親へ

携帯電話でメール

余興に協力してくれた友人へ
今日のコーラス本当にありがとう。忙しい中、練習大変だったでしょう。
歌を聴いて学生時代を思い出し、涙がこぼれてきました。
美しいコーラスだったとみんな感激していました。
遠方からきた友人へ
今日は遠くから来てくれてありがとう。
久しぶりに美紀ちゃんに会えてうれしかったです。
これからもメールなどで連絡を取り合いましょうね。
両親へ
お父さん、お母さん、今日は私の最高に幸せな日となりました。
本当にありがとう。
これから精一杯親孝行するから期待してください。

挙式に列席できなかった人に

祝電

招待しなかった友人へ
先日連絡したように、今日、身内だけで結婚式を挙げました。
披露パーティを○月○日に予定しています。
改めて連絡しますが、是非いらっしゃってくださいね。
祝電をもらった人へ
心温まる祝電をいただき、ありがとうございます。
佐藤さんからのお言葉を胸に、明るい家庭を築きたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

メールは送る相手を考えて

携帯電話や電子メールを利用するのは、親しい間柄の相手だけにしましょう。
相手によっては、メールでの礼状は軽くみられたように感じる人もいます。
目上の方やお世話になった方には、お礼状を送りましょう。

      2016/05/31

 - 挙式後の礼状・メール , , , ,