結婚式で使うメッセージ文例集

新郎新婦が結婚式に参列されるゲストや親族に感謝の気持ちを伝えるウェルカムメッセージやウエディングアイテムの書き方や文例を紹介します。

謝辞 応用文例

披露宴謝辞 基本文例で、謝辞の基本的な構成や一般的な文例を紹介しました。

ここでは応用編として、謝辞に自分独自の工夫を加える方法を紹介します。

謝辞で男を上げるには

結婚披露宴の最後を締める「謝辞」は新郎の大切な役割です。
謝辞で男を上げられるかどうかは、スピーチ内容の事前準備にかかっています。
次のアイデアを盛り込んで、謝辞をビシッと決めましょう。

  • 男らしさを表現
  • 気配りある大人の男として
  • ゲストや両親への気配りを表現

上記のアイデアを盛り込んだ文例を次に紹介します。
これにならって素敵な謝辞を作成してください。

特定の相手に絞る方法

教会の結婚式

特定の人に向けた言葉で男の気配りを伝えましょう。
感謝の気持ちを正直に表現しましょう。

ゲスト全員に向けて
披露宴の最後のスピーチのため、事前に原稿を考えていたのですが、今この瞬間の私の感激をそのままお伝えしたくなりました。自分の言葉でご挨拶させていただきます。
母、父に向けた言葉
私の人生の師は父と母でした。妻「優子」のご両親にお会いして、新たな人生の目標を見つけました。これから二人でお互いの両親に負けないような素晴らしいに家庭をを築いていきたいと思います。

男らしさやエピソードを盛り込む

花嫁をエスコートする新郎

男らしさとは、大事なときに「家族を支える」と宣言できることでしょう。
新郎の「人生の宣言」が、謝辞で男を上げる要素です。

男らしい宣言を入れる
本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。これから優子と二人暖かくて楽しい家庭を築いていきます。まだまだ未熟な二人ですが、どうぞよろしくご指導お願いいたします。これまで優子をやさしく育ててくださった、お母さん、お父さん、あばあちゃん、本当にありがとうございます。私にはもったいないぐらいの女性ですが、必ず彼女を幸せにします。皆様、本日は本当にありがとうございました。
おとなの男の魅力を
本日は足下の悪い中、私たちの結婚披露宴にご列席いただき誠にありがとうございます。こうして無事に結婚式を挙げ、人生の門出に立てたことを幸せに思っています。同じ職場で出会った二人ですので、共通の友人も多く、皆様から暖かい祝辞をたくさん頂き心から感激しています。まだまだ未熟な二人です。今後も皆様のご指導を仰ぎながら、地道に堅実な家庭を築きたいと思っています。今後ともよろしくお願いします、本日は誠にありがとうございました。
出来ちゃった婚をスマートに表現
来年3月には新しい家族が増え、私たちにとっては二重の喜びです。これからは親子3人仲良く、笑いの絶えない幸せな家庭を築きたいと思います。

      2016/05/31

 - ウェルカムスピーチと謝辞 , , , , , , ,